2016.10.4 島の家が出来るまで その3

ご縁あり、岡山の離島に週末ハウスを手に入れた私たち・・・


家の周りの環境がなんとか整い、さて私たちの本領が発揮できる内装を考える番!
あれこれ考えてみて、この建物のポテンシャルを最大限活かす!という結論に達しました。

なんでも岡山城の茶室を建てる事に携わった大工さんが作ったというこの家。
そんなに大きくないながらも、天井も高く(3m〜)、生い茂る木々をふんだんに楽しめる様に、壁の1つはほとんど全面が窓で解放感があります。


そのリビングから海を一望出来るバルコニーが。(このバルコニーは、土台などが朽ちていたため木材を取り替えました。)
大きなリビングの横には廊下を挟んで、2つの和室とユニークなレイアウトもそのままに、モダンクラシックな和の家を完成させる事としました。


続く・・・



IMG_7509

オーク材の床は、ベルギーで購入したオーガニックのワックスで丁寧にメンテナンスしました!


IMG_7508

こんな感じで仕上がりました。


IMG_7507

暑さもありヘトヘト・・。
でも、バルコニーからの海を眺めては、リフレッシュ!

2016.9.22 島の家が出来るまで その2

ご縁あり、岡山の離島に週末ハウスを手に入れた私たち・・・



さてさて、壁の色はどうしよう? 床は? 畳でなくやはりフローリング?
家具はインダストリアル中心に置きたいなあ!!
などと楽しい考えをめぐらしている私たちでしたが、実はその前にやらなくてはならない問題が・・。

鬱蒼と茂りすぎた高い木々が家にかかっていたり、ベランダから見ることができるはずの海が隠れていたり。
家方面に上がる道の一部が台風により崩れていたり とまず家の外の環境を整える必要があったのです。


IMG_7327
鬱蒼と茂りすぎる高木たち


地元で知り合った職人さん達の助けをかり、周りを整えつつも


IMG_7326
ユニック車も登場しました!


なかなかそう簡単にはメインイベントには取りかかれない私たちでした。


IMG_7323
島からの夕日は、日本夕日百選の1つとされるているそう。

続く

2016.9.10 島の家が出来るまで その1

岡山に移住して約2年半、ご縁あって岡山市の私たちの家より車で約40分、フェリーで5分の岡山の離島に家を手に入れる事ができました。

岡山市内、特に私たちの家やお店のあるところは便利ではありますが、予想していた以上に都会(??) 、車も人もそこそこ多く緑も思った以上に多くなく・・・。
とはいえ、無精な私たちにとって自給自足をしながら、山の中で暮らす勇気もなく。

そんな時に、島の家のお話を頂き、すぐに見に行きました。
まず気に入ったのが、高い木々が鬱蒼と気持ちよく茂っている家へのアプローチと目の前の透き通る様なブルーの海。
そして何よりしっかりとした木造の太陽の光がたくさんはいる家に大興奮!

その島にはお店が1軒もなく(もちろんコンビニも)、飲み物の自動販売機は、フェリー乗り場にあるだけ。
周りはというと、海とキャベツ畑のみ。
そんな環境も気に入り、週末ハウスを即答でゲットしました。

楽しい楽しいリノベーションの事を考えては、にやける私たちでした。

続きは後ほど




FullSizeRender

13434924_888741694563119_7309174578316011501_n

まず気に入った家へのアプローチと目の前の海